チラバル

繁忙期に入っていく。。。

 

 

B判のチラシ印刷は11月から年末にかけて

繁忙期になります。

 

年末年始の新聞折込チラシの量が増えるとともに

長期休みによる圧迫と限られた納期から

機械のキャパがオーバーします。

 

日本中のB判チラシを印刷する機械がいっぱいになります。

 

物理的に印刷できずに仕事を断る業者も増えます。

 

普段受注していない新規のお客様の問い合わせも増えます。

 

チラバルは予定が早期にわかっている場合、

必ず印刷できるように対応します。

チラシ印刷は早めにチラバルへ。

 

#チラシ #印刷 #広告 #新聞折込 #フリーペーパー

#年末年始 #繁忙期 #年内印刷 #キャパオーバー

#チラバル

ヘヴィメタバンドではなく。。。

 

 

もうすぐハロウィンですね。

 

元来、秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す意味合いでしたが

子供が魔女やオバケに扮して近所の家を周り

お菓子をもらう風習になっていますね。

 

言ってみれば地蔵盆に近い感じです。

 

日本においては昨今、仮装行列みたいになっていますが

過去にアメリカでは痛ましい事件も起こっています。

 

いつまで楽しく過ごせるように

度を越えないように楽しみたいですね。

 

チラバルのコストダウンは度を超えています。

チラシ印刷はチラバルへ

 

#チラシ #印刷 #広告 #新聞折込 #フリーペーパー

#ハロウィン #ジャックオランタン #古代ケルト人

#コスプレ #地蔵盆 #イベント好き日本人 #ハロウィン商戦 #チラバル

 

どのA?

 

 

チラシ印刷に携わっていると

頻繁にアルファベットや数字が使われており

よく混乱を招きます。

 

まず、印刷や紙のサイズのA判やB判。

A4やB5で表示しますね。

A3の半分のサイズがA4です。

 

次に紙のグレードですね。

塗工紙に関して

Aは上質紙ベース(100%パルプ使用、

再生紙に至っては上質紙相当のものも含まれる場合あり)

Bは中質紙ベース(古紙を混ぜている)

 

その後に続く1や2の数字は紙に塗布している薬品量を

示します。

数字が大きくなるほど塗布量は少なくなります。

 

1はアートで塗布量が多く、2はコート、

3は軽量コートです。

 

チラシはA3コート紙を使われる事が多いですね。

チラバルはチラシに適した用紙の在庫も豊富です。

 

 

#チラシ #印刷 #広告 #新聞折込 #フリーペーパー

#紙媒体 #紙のサイズ #コピー用紙 #A4 #B5

#チラバル

独自ルールでGO!

 

 

すっかり秋の気候となりましたね。

 

季節の変わり目なので

体調管理に気をつけましょう。

 

行楽シーズンでもありますね。

 

旅にマンネリを感じたら

いわゆる「縛り」を入れたみたら

面白いかもしれません。

 

地産のものしか口にしない。

サイコロの出目分しか駅(バス亭)を進めない。

 

バラエティ番組とかでよくありますね。

 

写真は京都の伊根町です。

 

チラバルは月・木という縛りがありますが

補って余るだけのコストパフォーマンスに優れています。

チラシ印刷はチラバルへ。

 

#チラシ #印刷 #広告 #新聞折込 #フリーペーパー

#秋 #旅行 #行楽シーズン #京都 #伊根町 #船宿

#縛り #体調管理 #チラバル

 

引戸の文化

 

 

 

日本は自動ドアの数が多いそうです。

 

これは日本が「引き戸」文化であるため

浸透したものと思われています。

 

手前奥に開くドアが自動だと

ドアの干渉部分範囲が広いので

危ないですし、いまいち利便性に欠けます。

 

引き戸だと隙間程度のスペースがあれば

ほとんど干渉しませんので自動開閉との

相性が良かったのでしょう。

 

引き戸は日本古来より存在したようで

ふすまとかは簡単にとりはずして

部屋を広げたりもできますよね。

 

建物を柱で支えるからこそ出来る事で、

海外の家屋は壁が支える側面もあるため

引き戸にならなかったそうです。

 

チラバルは繁忙曜日の隙間に印刷して

御社のコスト削減を支えます。

チラシ印刷はチラバルへ。

 

#チラシ #印刷 #広告 #折込 #自動ドア #引き戸

#平安時代 #平安貴族 #隙間産業 #引き際 #チラバル

 

ノアの箱船

 

 

 

関東での台風の傷痕も癒えぬまま、

今世紀最大と言われる台風19号がやってきます。

 

備えましょう。

充電できるものはフル充電を。

バスタブに水を。

車にはガソリンを。

2、3日もつ食料と飲料水を。

ラジオの準備もお勧めします。

 

 

スマホがあればSNSで情報を得られます。

ですが、デマも多くて見極めが必要です。

 

地域ごとのラジオなら身近な生の情報を得られますし、

電気が必要ですがテレビほどではないですし

電池でまかなえるレベルです。

 

今ではアプリでもありますが、無駄に電池使用を避けたいのと

アンテナが大破したりしてwebが使えなくなると

通信できないので別に持つ方がいいと思います。

 

テレビのニュースは大きい被害を伝えますが

報道されない地域でも酷い状況だったりします。

 

 

メディアは使い分けが必要ですね。

 

 

印刷もうまく使い分ければ

無駄なコストは省けます。

チラシ印刷はチラバルへ。

 

フリーアドレスだってば

最近、弊社もフリーアドレスになりました。

個人用の机を持たないオフィスの形式です。

オフィスで好きな所に座って仕事できるんです。

 

これにより、違った部署の人とも

気軽にコミュニケーションが取れたり

日によっては全くコミュニケーションを

取らない席を利用したりできるわけです。

 

社内ではフリーデスクって言ってますけどね。

 

これ、実はアメリカ発祥でなく日本発祥です。

 

まだまだ個人のロッカーなど無くて

不便な部分もありますが

そういう問題が解消されれば

毎日気分も変えられていい感じです。

 

とりあえず、全ての席を網羅しようと

企んでいます。

 

今のところ座った事あるのは

壁に向かって座る仕事集中型デスクばっかりですけど。

 

昨今、オフィスも進化しています。

業態に合わせて効率的なスタイルで

仕事できればいいですね。

 

フカヒレにまつわる。。。

 

 

 

サメの乱獲が問題になっていますね。

 

しかも高級食材であるヒレだけを取って

身は捨てるそうです。

 

中国や台湾などが指摘されていますね。

 

日本では身もかまぼこになりますし

皮は加工されてバッグや財布になったりもします。

無駄にはしない日本人ぽい文化ですね。

 

ただ、ニーズがあるから乱獲も発生すると考えれば

日本人も少し考えないといけませんね。

 

食用だけでなく、

羽毛や毛皮、象牙で絶滅した生物がいる事を。

 

#チラシ #印刷 #広告 #新聞折込 #フリーペーパー

#サメ #鮫 #乱獲 #フカヒレ #鱶鰭 #無駄にしない

#絶滅危惧種  #チラバル

アダンソンハエトリ

 

 

 

おじいちゃんやおばあちゃんに

家蜘蛛は殺してはいけないと言われませんでしたか?

 

蜘蛛は虫を捕食します。

 

家の中で蜘蛛を見かけた時は

えさである虫がいるという事です。

 

家にいる虫は基本的に害虫なので

蜘蛛を退治してしまうと害虫は

天敵を失って増えます。

 

見た目に気持ち悪いので

つい退治しがちですが

結果、害虫は増えます。

 

害虫がいなくなれば餌は無くなるので

蜘蛛は他所へ出て行きます。

 

写真はアダンソンハエトリという名の蜘蛛で

ハエや、蚊、ダニ、小さなGも捕食します。

 

蜘蛛は消化液を出して虫を溶かしながら食べるので

無駄な排泄物もほとんど出しません。

 

非常に頼りになりますね。

※セアカゴケグモなどの毒蜘蛛は要注意です。

 

チラバルはチラシ印刷のプロです。

個別にチラシコンシェルジュが付きますので

しっかりと頼って下さい。

#チラシ #印刷 #広告 #新聞折込 #蜘蛛

#クモ #アダンソンハエトリ #スパイダーマン

#地蜘蛛 #家蜘蛛 #ウェブ #チラバル

サブスクリプション

 

 

最近、サブスクリプション方式のビジネス展開が目立ちますね。

 

 

サブスクリプションとは期間付の契約と申しますか、

いわゆる新聞や雑誌の定期購読スタイルです。

 

 

スポーツジム等もこれにあたりますね。

月会費を払って期間中に施設を利用する。

 

 

最近では洋服やブランド品のバッグ、

車までサブスクリプション方式になっているようです。

 

 

月額いくらか払って何回か色んなデザインの服やバッグ、

車を借りられるというものです。

 

 

物を所持する時代から

多種をシェアして満足を得るという時代に変わってきているのかもしれません。

 

また、毎月定額で、ランチ食べ放題のカフェ、お酒飲み放題のバー等の

展開も増えて来ています。

 

仕組みを理解してうまく利用したいですね。

 

 

 

#サブスクリプション #チラバル #レンタル

Contact Us

チラシ印刷チラバルに関するご相談、弊社へのご質問はこちらからお問い合わせください。

メールフォームへ お問い合せ