チラバル

チラバルはなぜ安いのか

 

 

前回の続きです。

 

チラバルは付け合わせもしないのに

なぜ安い価格でチラシ印刷を提供できるのか。

 

チラバルはチラシ印刷のプロです。

新聞の折込チラシばかりを印刷しています。

 

折込チラシは週末に折り込まれる事が多く、

それに合わせてタイトな納期での印刷を実現すると

月曜日と木曜日以外、

機械はキャパオーバーになったりもします。

 

その反面、月曜日と木曜日は機械が遊んでしまうことが

あります。

 

なので、その月曜日と木曜日に機械を稼働できるなら

破格で提供できるだろうと、チラバルが誕生したのです。

 

旅館やホテルは、その立地もありますが

週末に宿泊するよりも平日に宿泊する方が

安いですよね?

 

つまりはそういう事なのです。

 

もちろん他社のネット印刷も、

その閑散期を利用して安くはしています。

 

一週間ほどの納期を取っているものは安いですよね。

 

チラバルは月曜日と木曜日に印刷すれば

そこまで長い納期は必要ありません。

 

出稿日が月曜日、もしくは木曜日なら

試してみる価値はあると思います。

 

チラシ印刷はチラバルへ。

 

#広告#新聞折込 #チラシ #印刷 #チラバル #マーティ

ネット印刷 安さのカラクリ

 

 

今日日、ネット印刷は検索すれば山のように引っかかります。

そして、通常に印刷会社に発注するよりも安価である事が多いです。

 

特にチラシは安いですね。

 

そのカラクリですが、

例えば、B2判を印刷できる機械があったとして、

同じ用紙でフルカラーならB4判を4種類並べれば

B2判のサイズになります。

 

通常、4種類であればそれぞれに版が必要ですが、

並べてしまえばそれぞれ別の絵柄でも

一気に印刷できるのです。

 

こうすると版代が浮きますよね。

 

近しい部数で、なおかつ同じ用紙の印刷を

同時に受注しないといけませんが

納期を長く取る事で組み合わせしやすくしています。

 

だから納期が長いほど安い設定である事が多いのです。

 

これを印刷用語で付け合わせと言いますが、

チラバルはこれはしません。

 

似たような絵柄であれば問題はないですが

違った絵柄のものを付け合わせで印刷すると

その品質に不安が残ります。

 

印刷時にインキは一定の方向に流れるわけですが、

違った絵柄だとどちらも色見本にカッチリとは合わせられないのです。

 

赤めの絵柄と青めの絵柄と並べて印刷したとします。

赤めの絵柄に合わせると青めの絵柄側は

赤っぽい青になります。

 

これはチラシのプロであるチラバルではできない相談です。

 

ではチラバルはどうやって安さを実現しているのでしょうか。

 

それはまた、次回の機会に。。。

 

#チラシ #広告 #折込 #フリーペーパー #チラバル #付け合わせ

#ネット印刷 #安いチラシ #印刷

 

水平線って

 

 

 

夏休みに海に行ったりすると

水平線を見られますよね。

 

果てしなく遠くに感じる水平線ですが

実はだいたい4〜5kmほどの距離です。

 

高い建物から見れば

水平線までの距離はさらに遠くになります。

 

計算式まではわかりませんけど…。

 

チラバルは水平線までの距離を求める公式よりも簡単。

閑散曜日の月・木に印刷してコストダウンをはかります。

チラシ印刷はチラバルへ。

#チラシ #印刷 #広告 #新聞折込 #盆休み

#海 #水平線 #夕陽 #距離 #タンカー

#公式 #チラバル

白黒

 

 

 

印刷の仕事をしていると色に敏感になります。

 

特に白と黒は色でも基本的な色と言えると思います。

 

とある引越し業者のダンボール箱は白色です。

 

これは荷物を詰めて運ぶ際に

通常のダンボール箱よりも軽く感じるそうです。

 

また、白は膨張色としても有名ですね。

 

碁石の白は黒よりもほんのわずかですが小さいです。

視覚的には同じ大きさに見えるそうです。

 

色の錯覚は面白いですね。

 

チラバルは通常の印刷品質で

ネット価格を実現しています。

錯覚ではありません。

#チラシ #印刷 #広告 #新聞折込 #色

#カラフル #錯覚 #色の効果 #碁石

#膨張色 #収縮色 #チラバル

白球の戦い

 

 

 

高校野球が盛り上がっていますね。

明日は14時より決勝戦です。

 

石川県代表の星稜高等学校と
大阪代表の履正社高等学校が対戦します。

 

白球を追う筋書きのないドラマは誰もその結末を知り得ません。

だからこそ面白いのでしょう。

 

まだ暑さが残りますが

高校球児に力をもらって乗り切りたいですね。

 

チラバルは高校球児のように熱いチラシコンシェルジュが

御社のチラシ印刷を劇的に変えます。

チラシ印刷はチラバルへ。

#チラシ #印刷 #広告 #新聞折込 #甲子園 #高校野球

#決勝戦 #星稜 #履正社 #ハンパないって #チラバル

水分摂取について

 

 

 

まだまだ暑さの残る八月ですね。

 

台風が過ぎて蝉が以前よりは静かにはなりましたが

まだまだ暑く、今年も熱中症による搬送が

後をたちません。

 

水分摂取が全面的に促されていますが

水だけ飲んでいると水中毒という別の症状を

引き起こす事があるので塩分もしっかり摂りましょう。

 

汗をかいて水分と塩分が失われます。

水だけを摂っていると体内の塩分濃度はさらに薄まります。

 

水を飲むときも出来るなら少量を数回、

時間をかけて摂る方が良いようです。

 

腎臓が処理できる水の量が毎分16mlなので

短時間に大量の水分摂取は危険なのです。

 

暑い日が続きますが、水分以外に塩分のことも

考えて健康に夏を乗り切りましょう。

 

チラバルはB4サイズなら毎分3,200枚の印刷が可能です。

短時間に大量印刷が必要なチラシ印刷は

チラバルにお任せ下さい。

 

#チラシ #印刷 #広告 #新聞折込 #フリーペーパー

#猛暑 #熱中症 #水中毒 #多飲症 #水分摂取 #塩分濃度

#経口補水液 #スポーツドリンク #チラバル

お盆

 

 

 

明日からお盆休みの方が多いのではないでしょうか。

中には9連休の方もいらっしゃるとか。

 

GWもでしたが、長期な休暇になりますね。

 

お盆はそもそも、祖先の霊を祀るための行事ですね。

 

祖先あっての自分です。

普段は忘れがちですが、レジャーだけに費やさずに

感謝の念をもってもみても良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

どうした太陽

 

 

 

毎日暑い日が続きますね。

 

38℃を超えた地域もあるとかで

猛暑真っ只中です。

 

ところが一方で、太陽の力が徐々に

弱まっているとも言われています。

 

太陽が元気であると黒点がたくさん観測できるそうですが

ここ数年、全く黒点が観測されていないそうです。

 

江戸時代初期頃にもそういう事があったらしく、

冷夏が世界的な飢饉をおこし

局地的な大雨が降って大災害となったそうです。

 

暑い暑いと言ってられるのも今のうちかもしれませんね。。。

 

偶然ではないというのが一部の科学者の見解らしいですが

繰り返さないためにも歴史的視点から学べる事もありますよね。

 

チラバルはチラシ印刷に関して結構な歴史があります。

チラシ印刷はチラバルへ。

 

#チラシ #印刷 #広告 #新聞折込 #フリーペーパー

#太陽 #黒点 #マウンダー極小期 #冷夏 #飢饉

#江戸時代 #チラバル

チラバル劇場 第3話 配信

【チラバル動画が配信】
皆様おまたせしました!
さおりんのずっちーところをお楽しみください!

【月木印刷 チラバル劇場】
第3話 マーティグッズ 編

●月木印刷 『チラバル』サイト
www.chirabaru.com
●YouTubeチャンネル登録をお願いします!
goo.gl/BLqKYF

#月木印刷 #チラバル #チラシ #印刷 #奥沙織 #さおりん #人形 #タレント #マーティ #マトマリョーシカ #コスト #安い #コストカット #月曜日 #木曜日 #CM #猫 #ずっちーな #グッズ #グッズプレゼント #プレゼント

かき氷シロップの秘密!

 

 

 

 

夏になるとかき氷を食べる方も多いんじゃないでしょうか。

 

最近では氷がきめ細やかで

年中それを売りにしてやっている店舗もありますよね。

 

シロップの色も鮮やかで色んな種類があって楽しいですね。

このシロップですが実は全て同じ味だとご存知でしょうか。

 

色と香料を変えているだけで、

実は味覚の対象となる成分は全く同じなのです。

(自家製のものや宇治金時、カルピス等は含みません)

 

かつてファンタのオレンジとグレープも

そうだったらしいですよ。

 

視覚と嗅覚で錯覚に陥っているのです。

 

錯覚と言えば印刷です。

4色のみでフルカラーを再現しているのが印刷です。

チラシ印刷はチラバルへ。

#チラシ #印刷 #広告 #新聞折込 #DMチラシ #ポスティング
#かき氷 #かき氷シロップ #香料 #視覚 #味覚 #嗅覚
#フルカラー #猛暑 #味が同じ #チラバル

Contact Us

チラシ印刷チラバルに関するご相談、弊社へのご質問はこちらからお問い合わせください。

メールフォームへ お問い合せ