チラバル

中性紙って?

 

 

紙はインクを滲ませないために

「サイズ剤」を使って作られています。

 

松ヤニが入ったこのサイズ剤を

定着させる工程で紙は酸性化してしまいます。

 

なので風化した際に繊維が劣化して

ボロボロになってしまうのです。

 

中性紙には「中性サイズ剤」が使われており、

紙が酸性化しないので長期保存が可能です。

 

現在、工業的に生産されている殆どの紙が中性紙です。

 

20世紀前半以前だと酸性紙なので

保存状態が悪いとすぐにボロボロになってしまいます。

 

#チラシ #印刷 #広告 #新聞折込 #B判 #中性紙

#酸性紙 #サイズ剤 #ロジン #長期保存

#チラバル


Contact Us

チラシ印刷チラバルに関するご相談、弊社へのご質問はこちらからお問い合わせください。

メールフォームへ お問い合せ